読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21世紀ラジオ (Radio@21)

何かと気になって仕方のないこと (@R21ADIO)

Redditの歴史その8;コンデナスト、Redditを買収

結婚と企業のM&Aは似ている。その出会いは常に、互いに対する幻想から始まるからだ。

 

お互いのことを知り抜いた、完璧な利害計算に基づいた恋愛というのは形容矛盾だ。

 

特に、新しいメディアという世界では、自分の夢に乗って天を駆け巡ろうとする若者と、地に足のついたことを続けていたら、地の方が震動しはじめたことに動揺した大人の出会いだから、その幻想には相当の食い違いが生じることになる。

 

後に結婚にいたった当事者同士が恋愛当時を思い出して、今自分がわかっていることを前提としたら、自分はどうしただろうという詮無い思いにとらわれるという点でもまったく同型的である。

 

不安から売却やむなしとなったRedditチームの前に、現れたのは旧メディアを代表する有名企業のConde Nastだった。

 

 

 

Kourosh KarimkhanyがはじめてRedditのサイトを見たとき、スターウォーズオタクだった彼は、R2D2とチューバッカが本当はスターウォーズシリーズの主要キャラクターだという投稿に新鮮な驚きを感じた。

 

KouroshはRedditのことを妻から聴いた。妻は友人であるWired誌の記者であるRachelから、RedditのAlexisと会ったという話を聴いていたのだ。

 

当時、Kouroshは雑誌メディア大手のConde NastのM&A担当だった。

 

 

「自分のミッションは、自社のデジタル事業を成長させるようなクールなデジタル企業を見つけることだった。ボスたちはソーシャルネットワーキングやコミュニティ関連のようなホットな新しい領域で何かを見つけることを私に期待していた。」

 

一目見て、Redditは有望な気がした。

 

そのコミュニティがどんどん成長していたからだ。

 

今になると、Kouroshは、Steveたちが舞台裏での偽のアカウントでの壮絶な活動があったことに気付いているようで、作られた動きに惑わされた部分は大きいと認めている。

 

コミュニティ以外にも、Redditのプラットフォームと技術チームは、将来Conde Nastの他のプラットフォームの役に立つ可能性もありそうだった。

 

なにより、Conde Nastの基準からすれば、この買収はかなり割安だろうというのが重要だった。

 

3月に、KouroshはAlexisにコンタクトして会話が始まった。

 

最初は買収のことを口にしなかった。

 

むしろConde NastにRedditのテクノロジーをライセンスするという交渉から始まったのである。

 

Kouroshは、Conde Nastが自社のLipstick.comというドメインをセレブ、ライフスタイル関連のRedditに変えたいと考えていると伝えた。

 

そのためにConde Nastは毎月、Redditに1万ドルを支払うことを提示した。

 

この1万ドルの本当の意図はRedditが他の買い手と交渉をしないようにするため買収取引を行わないようにするためだった。

 

当時の創業チームにとっては、これは大金だったので、すぐに飛びついた。

 

これでRedditはずっと続けられるという思いだった。結果、Kouroushが言ったように、LipstickはRedditのようになった。違うのはページの色がピンクということだけ。

 

 

ChrisとAaronがチームに加わる数か月前、SteveとAlexisはグーグル、ヤフーとの間で買収の話をしていた。

 

グーグルは創業者たちのことを気に入り、少額の買収価格を提示した。雇用的買収程度の金額だった。ヤフーはあまり関心を持たず、Redditは小さすぎると判断した。(rounding error

 

Conde Nastは、Kouroushが時間のかかるWired.com買収を完了した後、2006年の夏に最終の買収価格提示を行った。交渉にはその後、数か月かかった。

 

Steveたちは、同時に、ワシントンポストニューズウィークインタラクティブ、ニューヨークタイムスにも声をかけた。

 

ニューヨークタイムスとの話し合いでは、先方があまりにもインターネットの世界のことを知らないのに驚いて、会議中、笑いをこらえるので必死だった。どうにもならない連中だったとSteveは思い出す。

 

チームのほとんどはConde Nastへの売却の覚悟ができたが、Aaronだけが売却と、企業で働くということに否定的だった。(彼がのちにインターネットアクティビストになっていくことを考えれば、当然かもしれない。)しかしほかに真剣な買い手もいなかったので、売却成立は時間の問題だった。

 

Conde Nastは2006年10月31日に、Redditの買収を発表した。買収価格は開示されていない。

 

Redditのサイトがローンチしてたった16か月後のことだった。内部事情に詳しい人によれば、買収金額は2000万ドル以下だった。これは、現在のReddit企業価値のほんの一部にすぎない。

 

Y Combinatorの仲間で、後に、Twitchをアマゾンに10億ドル近くで売却することになるEmmett Shear曰く、

 

www.twitch.tv

 

「うらやましくて仕方がなかった。当時はびっくりするような金額だと思った。Y Combinatorでやるべきことをまさに彼らがやり遂げたと思った。成功企業を作り上げ、売却したのだから。」

 

「売却した時は、本当に幸せだった。僕は億万長者になりたかったから。」とSteveは言う。ところが後に、彼はそれを後悔することになる。

 

「今知っていることを当時知っていたらなあとつくづく思う。崩壊までの時間が限られていたと思っていたし、機能不全だった。」

 

Chris曰く、「当時何をしているのかをはっきりとわかっていなかった。チームの中に一人も30代がいなかったんだ。」

 

Redditは2006年10月31日に買収された。その夜のケンブリッジは寒かった。Redditの従業員4名はハロウィーンパーティで静かに売却を祝った。

 

AlexisはJack Sparrow、Steveはウサギ、Chrisは青い髪の毛のパンクロッカーの扮装で出かけた。

 

いまだに売却に腹を立てていたAaronはRedditのTシャツとツイードのジャケットを着ていた。それは何の扮装と聞かれて、Aaronは、「大勢順応派(comformist)の衣装だよ」と一言。

アーロン・スワーツ - Wikipedia

 

ハロウィーンパーティの次の日、Chrisは、行きつけのピザ屋でSteveがConde Nastが所有するWiredのオフィスからRedditの仕事をするためにサンフランシスコに引越しするという話を聴いた。Steveは衣類だけがはいったスーツケース一つでサンフランシスコに旅立っていった。

(その8 終)