読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21世紀ラジオ (Radio@21)

何かと気になって仕方のないこと (@R21ADIO)

三谷太一郎 日本の近代とは何であったか

2017年3月27日(月)12℃ 雨時々曇

 

110.54 ¥/$

 

書店で手に取り、一ページ目を開いた途端、これは自分に語りかけている本だと思う経験が稀にある。

 

f:id:trailblazing:20170327094941p:plain

神保町の東京堂書店で、何の気なしに、手に取った、日本政治外交史の三谷太一郎さんが岩波新書で出版された「日本の近代とは何であったか――問題史的考察」がその稀な一冊だった。

 

f:id:trailblazing:20170327094845p:plain



日本の近代とは何であったか - 岩波書店

 

教育勅語というおそろしく古びた言葉が日常的に語られるという異様な状況を作りだしてくれた人々にある意味感謝している。僕が日本の近代を何も知らない、その過去を知らずに、現在、未来を考えられるはずもないことを痛感させてくれたからだ。

 

そんな僕に、小さなこの本から発せられる強い熱情が流れ込んでくるような気がした。

 

三谷さんが試みたのは「日本近代の初歩的な概念的把握と近代後の日本及び世界への展望」である。その謙虚さとは裏腹に、この小さな本は、このテーマを語るのに必要なものをすべてきわめて高いレベルで網羅している。読み流して書棚に仕舞い込めるようなものではなく、今の自分たちを内省する際に繰り返し繰り返し読み返すことことができる「厚み」を持った書物だった。

 

目次を見るだけでも、その目指すものの広さと大きさがわかる。

 

序章 日本がモデルとしたヨーロッパ近代とは何であったか

第一章 なぜ日本に政党政治が成立したのか

              2. 「文芸的公共性」の成立――森鴎外の「史伝」の意味

第二章 なぜ日本に資本主義が形成されたのか

第三章 日本はなぜ、いかにして植民地帝国となったのか

第四章 日本の近代にとって天皇制とは何であったか

              4.「教育勅語」はいかに作られたのか

終章  近代の歩みから考える日本の将来

                        

簡単に要約できるような本ではない。

 

迫りくる西欧列強の帝国主義的進出に備えて、独立を保つためには、列強の近代モデルを選択するしかないという明治期の支配層の機能主義的決断から日本の近代は始まった。

三谷さんは、当時の知識層も準拠したと思われるウォルター・バジョットの近代概念を手がかりに、日本の近代を読みといている。

 

『バジョットの「近代」概念にとって重要なのは、「前近代」との関係でした。バジョットの場合、「近代」と「前近代」との間には断絶と連続がありました。「近代」は「前近代」を否定し、それから断絶することによって成立すると同時に「前近代」のある要素をよみがえらせることによって出現すると説明するのです。 「近代」から断絶される「前近代」の要素とは、固有の「慣習の支配」です。それは「近代」を特徴づける「議論による統治」とは相容れません。ただ、「前近代」にも、古代ギリシャに見られるように、「慣習の支配」と対立する「議論による統治」の先駆的形態が形成されていました。』

 

しかしこのバジョットの近代概念は、暗黙の前提があったのである。

 

『ここで含意されているのは、「旧い東の慣習的文明」から「新しい西の変動的文明」への移行、すなわち「前近代」から「近代」への世界的規模における移行が、西の文明圏による東の文明圏の植民地化を通じて行われるという命題です。』

 

欧米列強という一部の担い手を前提とした自由貿易帝国主義を、そのクラブに入っていない日本が追い求めるという決断が、日本とアジアの周辺諸国を多くの悲劇に巻き込んでいくことになったのである。

 

バジョットが「議論による統治」を補完して、前近代から近代への移行を可能にした要素として、貿易、植民地化を指摘している。

 

『たとえば貿易は明らかに異なった慣習や異なった信念を持っている人々を密接な近隣関係に置くのに多大な貢献をした。そしてこれらの人々すべての慣習や信念を変えるのを助けた。植民地化はもう一つのそのような影響力である。植民地化は人々を異質の人種であり、異質の慣習をもつ原住民の間に定住させる。それは一般に植民者たちを彼ら自身の文化的要素の選択に過度に厳格にしないようにさせる。植民者たちは現地の有用な集団や有用な人々と共生し、それらの文化的要素を「採択」せざるをえない。原地民の祖先の慣習は植民者自身のそれと一致していないかもしれないにもかかわらず、いな、事実において正反対であるかもしれないにもかかわらず。』

 

 

 

欧米列強の自由貿易帝国主義の方が、物理的に植民地を運営するよりもはるかにコストが低いにもかかわらず、なぜ日本はその経路を取らなかったか。第一に、その方式自体、欧米列強にのみ可能な手法だったという赤裸々な事実がある。第二に、日本にとって植民地とは、単なる利益動機だけではなく、国境を防御するという意味合いがあったのだ。しかし物理的植民地政策をとることによって、領土内に多くのナショナリズムを抱え込むことになり、結果、領土全体をコントロール不能なほどの潜在的不安定さが覆うことになっていったのである。

 

経糸にバジョットをモデルとした発展モデルを置きながら、三谷さんの議論は、多くの豊かな細部に広がっていく。

 

とりわけ、ハーバーマスの公共性の議論を援用して語られる、政治的コミュニケーションを可能にした文芸的公共性の観点から、森鴎外の一連の史伝ものを読み解く部分はきわめてスリリングで、今後、多くの広がりを持ちうる分野に思えた。

 

いずれにせよ、議論をするにせよ、これから自ら研究を進めるにせよ、きわめて堅固でありかつ親切な出発点を提示してくれている名著である

 

今一番気になっている国有地関連スキャンダルだが、それ自体の行方よりは、それによって暴き出された偽歴史の充満というか、より正確には、歴史意識の欠落という現実がより重い。

 

その関心を深める上でも、この本は多くの示唆を与えてくれる。

 

明治期の政治家たちが確信犯的に取った機能主義というものを歴史として否定することはできない。自分が同じ立場であっても、同じ行動をとらざるを得なかっただろうと意識である。しかし問題は、生き残るための機能主義的な精神が、いつ、どのように失われ、官僚主義的思考停止が現実化し、日本を滅亡の間際まで追い込んだのか、その過程でどのような害悪を自国民及びアジア近隣諸国の国民に及ぼしたのか、そして、その過去に基づいた、日本の現在というのは、どのように形成されてきたのか。

 

繰り返しになるが、粗雑な言説が流通するのは、粗雑な思考が充満しているという理由からではない。自らの過去(ひいては現在)に対する自覚あるいは思考の欠落によるのだ。

 

『冷戦の終焉に伴って顕在化した日韓中三国間の「歴史認識」の政治問題化も、それぞれの民族主義の摩擦という面があることはいうまでもありませんが、同時に事実としての共通の「歴史認識」を通しての新しい「地域主義」の模索という面があることも否定できません。日本も韓国も、それぞれの近代史を一国史として書くことはできません。少なくとも日本の近代は、韓国、さらに朝鮮全体の近代と不可分です。日本の近代の最も重要な特質の一つは、アジアでは例外的な植民地帝国の時代をもったことにありますが、その時代の認識は、同時代の朝鮮全体の現実――今日いわれる朝鮮にとっての「植民地近代」の現実――の認識なくしてはありえません。その意味の日韓両国の近代の不可分性を具体的に認識することが、両国が歴史を共有することの第一歩なのです。このことはまた中国についても同様です。』

 

過去を直視するのは、自分が今をよりよく生きるためである。自分が何であるかということから目を背けて、今を、健全に生きることはできない。

 

東京堂で感じた直観は正しかった。この本は、まっすぐに、僕にめがけて書かれたメッセージだったようだ。

 

 

trailblazing.hatenablog.com

 

森友学園スキャンダルとは何か(国会証人喚問)

2017年3月24日(金)10℃ 曇り時々晴

 

111.138 ¥/$

 

トランプ大統領の政策の実行可能性への、当然の疑念が市場を覆いはじめ、株安、ドル安の状況が生じ始めた。

ロンドンでは国会議事堂でのテロがイギリス中に衝撃を与えている。

 

ワールドカップ予選では、日本が宿敵UAEとのアウェイでのゲームで、香川、本田、岡崎、長谷部という長年日本代表をリードしてきた選手たち以外の新顔がゲームのイニシアティブを取り始めた結果の勝利だった。

 

f:id:trailblazing:20170324104138p:plain

しかし、今日、少なくとも日本で、もっとも注目されたのは、森友学園の理事長の国会での証人喚問だった。テレビ、インターネットを通じて、多くの人々の眼を釘付けにした。(このことを軽く揶揄するツイートも見受けられたけど、やはりかなりの見ものだったことは否定できない。)

 

実際、寄付があったのかどうか、安倍夫人の経産相から出向しているスタッフからのファックスがあったとか、一喜一憂している。テレビ中継の中で、証人の発言の時々に、「おおー」という驚きの喚声が上がるのが、笑いを誘った。

 

しかし問題を単純に整理してみたい。

 

形式的な問題は、国の資産を市場価格の10分の1の価格で、入札ではなく、特定の対象に売却した、近畿財務局の一連の取引は、国の資産管理として妥当かということだろう。

 

この証人と、おそらくは、財務局が寄って立つ論拠は、市場価格は10分の1だが、実際には、土壌汚染、埋まっていた生活ごみの除去に伴うコストがほぼ10分の9近くかかるので、妥当な取引であったというものだろう。

 

今度の参考人招致での財務省の役人が、資料は捨てたとかわけのわからないことを言わずに、きっちり説明すれば、スキャンダルそのものが成立しないことになる。

 

それをしっかりと説明できないとすれば、すなわち、やはり、この土地はかなりのディスカウントで譲渡されていた嫌疑が高い場合は、次に、それは、誰かの意図を忖度した官僚の優遇措置ではなかったかということが明らかにされるというステップのはずだ。
 

どうも、そのあたりの前提を明らかにする前に、「忖度」の有無などという、玉虫色の議論をすることがおかしい。

 

外国人特派員協会の記者のように、財務省の役人に、あなたは安く売ったの?と聞けばいい。違うと言うならば、それが適切であるということの証拠を示せ、そしてその提示された証拠に対して、野党側が、第三者の専門家の意見を聞くという流れになるべきだ。

 

そのあたり、別の何かを議員たちが「忖度」するものだから、話は、外人のみならず、普通の日本人にとっても訳が分からない話になってしまった。

 

もし、実際に、不正な低廉譲渡があった疑いが濃厚になると、Webronzaで、政治学者の小林正弥さんが述べている見立てが、軍国主義的なものの復活を阻止するという観点に立つ人には、有用なロジックを提供している。ただ中国の脅威等につき、今一つ、安心していない、僕のような人間には、それをそのまま受け入れるというわけにもいかないというのが、ちょっと厄介なところではある。

 

今、僕は、安倍政権を3つの軸から考えるようにしている。

 

外交面から言えば、対米従属と呼ばれようが、ある種のリアリズムの中での判断が機能しているという意味で評価している。適切なリアリズムを維持しながら、天性の「機会主義」と、岸、安倍二代の特権的テキストを駆使して、破滅的な状況に陥らないということを期待している。

 

官邸主導政治という点は、近代資本主義の最大の悪を官僚主義の肥大と考える立場に立つので、財務省等からかなりのコントロールを取り戻したという点については評価している。官僚従属性の高そうな谷垣等が登場することは、望ましいシナリオとは考えていない。

 

極右勢力を、軽い言葉で利用していく方向性については、絶対に肯定できない。これは彼のかなりのアキレス腱になると思っている。機会主義的な形での一定の利用というレベルでコントロールできるのならば、まだしも、今回のように、「覚悟ある」暴走を止められるとは限らないのだ。この点において、つまみ食いができると考える、世界観、人間観の薄さが彼の最大の欠点である。

 

信頼できる第二党を生み出すことができない状況で、安倍政権に瓦解してもらっては困るというのが、安倍一強を支える、マジョリティの心理なのだ。自民党の後継内閣の能力と方向性についてのイメージは有権者として探っておくべき段階になってきたのかもしれない。

 

官僚主義と、極右復古勢力という二つの軸が妙な形で捩じれているということが、物事を一気にきな臭くしてしまった。

 

webronza.asahi.com

 

『つまりここからわかるのは、籠池氏本人の認識においては、実態として首相や首相夫人を先頭に国家やその中枢人物たちが支援したことで、この「神道小学校」の建設が可能になっていたのであり、これはいわば「国家神道小学校」のモデル学校だったということだ。だが国家の正式な手続きを踏んではいないから、議会も多くの国民もその実態を知らなかった。そこで、国民の財産である国有地を、ほとんど無償で払い下げてよいのかという疑問が生じたわけだ。

 

 これは、議会や多くの国民が知らないうちに、首相や官庁の支援によって「国家神道小学校」が秘かに作られて認可・設立直前まで進んでいたという疑惑である。前稿で述べたように、戦前は小学校こそが国家神道の中心的施設だった。

 

 それゆえ、今回の小学校において国家神道化が秘密裏にパイロット的に開始されつつあったとみられかねない。だからこそ、首相が寄付金を出していたかどうかが大事な問題になるのだ。

 

(略)

 

このような事態が進行すれば、今の教育体制は変質し、いつのまにか国家神道や道徳教育が復活してしまったかもしれない。私には、近代憲法における教育の中で異質のものが癌細胞のように徐々に大きくなっていくような感じがする。

 

 公共的な社会問題となったために国家神道小学校の誕生はひとまずは阻止された。しかしこのような体制的変化が止まるかどうかはまだわからない。正確な事実関係が証人喚問を通じて明らかになるかどうか、私たちは引き続き注視していく必要がある。』

 

webronza.asahi.com

『事実上は国家が土地を提供して神道的な小学校の建設を可能にし、幼児期から教育勅語などを覚えこませて近隣諸国への否定的意見を刷り込み、自衛隊になじませる――。戦前のような国家神道小学校を人々がここに感じても当然だろう。経営主体は国家ではなく民間の学園だから、正確には「国家の神道」小学校といった方がいいかもしれない。国家の支援によって作られた国家神道モデルの小学校だからだ。

 

 メディアもこの性格をまだ十分に報じているとは言えないだろう。それでも、事実を知るだけで何か異様なものを感じるはずだ。だからこそ野党が追及しメディアも報じ始め、多くの人々が衝撃を受けているのだ。まさに首相夫人を名誉校長として国家神道モデルの小学校が建設されていたことがわかったからだ。

 

 つまり神道小学校というよりもむしろ国家神道小学校だからこそ、大きな疑惑が生じているのである。このような教育施設が今の日本に誕生しつつあったという驚愕の事実が衝撃波を引き起こして人々の耳目を引き付けている。これは当然だろう。官庁が関わり国有地をほとんど無料で払い下げてこのような小学校が始まることになれば、日本という国家の力により戦前の国家神道をモデルとする学校教育をパイロット的に開始することになりかねないからだ。』

(以上)

 

trailblazing.hatenablog.com

 

 

trailblazing.hatenablog.com

 

 

trailblazing.hatenablog.com

 

 

教育勅語の意味(片山杜秀・島薗進 近代天皇論 -「神聖」か、「象徴」か)

2017年3月22日(水)14℃ 曇り後晴れ

 

 111.703 ¥/$

 

僕たちは、日本の戦後社会というものに安心しすぎていたのかもしれない。対米戦争における無条件降伏による敗戦の中、父親の世代が、国家消滅の危機にさらされた中で、再び戦争の惨禍に見舞われることのないようにということで、国民の血の中に揺らぐことのない平和主義が確立されたのだと。

 

f:id:trailblazing:20170322092710p:plain

しかし与党議員のかなりの部分が、明治憲法時代への回帰を真剣に考える「日本会議」というようなアナクロ組織の会員となっている現状の中、国防を司どる大臣が、その親玉と同じような「軽い言葉」で教育勅語の価値のようなものを口先で弄ぶ時代になってしまった。

 

日本会議アナクロという形容詞で表現すること自体、自分の現状へのリアリティのなさを露呈してしまっていることを反省すべきかもしれない。

 

f:id:trailblazing:20170322092833p:plain

Amazon CAPTCHA

 

戦争に行った父親の世代の、息子や孫を戦場に送らないためにという烈しい危機意識を再び思い起こさざるを得なくなっているようだ。

 

まず、言葉とその中に内在する歴史を一つ一つ確認する作業からはじめなければならない。

 

片山杜秀島薗進という一流の政治学者と宗教学者の対談「近代天皇論―「神聖」か「象徴」か、は、軽い言葉を弄ぶものたちによって捏造される歴史のもたらしうる災厄を回避しようと考えるすべての人にとっての必読文献だ。

f:id:trailblazing:20170322092951p:plain

Amazon CAPTCHA

 

日本の民主主義が、国家権力を宗教的な価値観と結びつけ、明治憲法へと回帰することをよしとする宗教ナショナリズムによって危機に瀕しているという強い問題意識が二人の対談者には満ちている。

 

明治維新に始まる近代日本の歴史は、まず西欧列強に対する危機意識があった。

 

その切迫した状況の中で、相矛盾する王政復古と文明開化が掲げられた。過去や伝統志向と、西洋文明化の共存である。

 

生き残るためには、早急に国民国家を作り上げなければならない。

 

片山

『しかし西欧のように、じっくりと国民国家を作り上げる時間はありません。啓蒙思想の伝統もない。対等の人間同士が契約して国家をつくって同じ国の国民になって義務も果たすが権利も求める。たとえばそんな共和国の思想を根づかせる素地もこの国にはない。それでも近代国家らしいものを急造しなければならない。使えそうな手は「天皇と臣民」というかたちだけだった。』

 

国民からの国民国家への忠誠を作り上げる手段として国家神道が利用された。

 

しかし近代国家という建前上、西欧の常識にならえば、信教の自由を認める必要がある。そこで、実質的には国定宗教を目指す国家神道は、宗教ではないという巧妙な理屈を作り上げた。対外的な建前と、国内的実情のバランスをとったのだという。

 

 

島薗

「近代国家は、西欧の常識にならって、信教の自由を認めなければならない。だから日本も、信教の自由を認めたことにして、「政教分離」を制度化するという体裁は整えた。しかし同時に、国家神道を「非宗教」とすることで、国家神道の持ち場である「祭祀」や「治教」、つまり納められる臣民への教えは国家が担うことができるような制度設計をしたのです。」

 

既存の宗教組織等を使って、人々の国民国家への忠誠を急造する試みは失敗した。その時に、教育という場が、総力戦を実行するために不可欠な国民意識を醸成する場として選択されることになった。

 

そして近代的国民国家における国民意識の醸成が困難と考えた、明治の制度設計者は、神聖天皇と臣民という形で、人々を取り込みやすいイデオロギーを作り上げようとしたのである。

 

そのイデオロギーの象徴が1890年の教育勅語なのである。

 

 

島薗

『「教育勅語」の文意には国家神道に直結しない要素も含まれています。しかし同時に、「教育勅語」が発布されたあとは、学校での行事や集会を通じて天皇崇敬を促す神聖な文書として国民自身の思想や生活に強く組み込まれていったのも事実です。

 

1870年代の半ばから1880年代にかけて、宗教集団を通じての国民教化が行き詰まりを見せます。それとタイミングを合わせるかのように、学校で、天皇中心の「教」に従う教育を取り入れなくてはならないという声が高まってくるのです。

 

それを具体化したのが1890年の「教育勅語」だというのが私の見方です。』

 

総力戦を実行できるための国民を急ぎ作り上げるために、教育システムが総動員された。そして天皇のために死ぬ臣民の再生産システムが暴走を始めたのだ。確信犯的に天皇制を利用しようとした、元老たちが一人一人この世を去る中で、政治の現場からリアリズムが消えていった。そして軍という自らの頭で考えることを止めた官僚主義が日本社会を破滅へと引きずっていったのである。確信犯ではなく、日常的、官僚的思考停止による暴走である。

 

エルサレムのアイヒマンでアレントが描いた、部品と化した凡庸な役人たちが引き起こす地獄が想起される。

f:id:trailblazing:20170322093105p:plain


Amazon CAPTCHA


島薗

国家神道や国体論が昭和維新のようなテロや暗殺を生みだしたり、第二次世界大戦の理性を欠いた精神主義をもたらすほどの影響力をもつことを、明治国家を作り上げた元勲や元老たちは予想しなかったはずです。彼らは、天皇崇敬をうまく利用することで安定した支配体制ができると考えたわけですから。

 

しかし元老は、自分たちがいなくなる状況には想像が及ばなかったのでしょうね。元老政治ができなくなる大正、昭和になると、統治システムが機能不全になると同時に、「教育勅語」で育った民衆の宗教ナショナリズムを軍やメディアが増幅し、国家が振り回されるようになってしまった。』


不思議な時代である。神聖天皇から象徴天皇への移行を自らの責務と考える今上天皇がもっとも、この時代の危険を感じられているというアイロニー

 

伝統回帰をはかる右派が、天皇の「お言葉」に反発している。そして本来不倶戴天の敵であるはずのリベラル左派が、天皇を唯一の心の支えとしているというこの捩じれを僕たちはじっくりと直視しなければならない。

歴史というのは、現代的問題意識によって何度も読み替えられていくものである。その読み替えの方向をめぐる戦いが始まっている。その意味で歴史をめぐる論争というのは、僕たちの未来を賭けた戦いなのである。