読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21世紀ラジオ (Radio@21)

何かと気になって仕方のないこと (@R21ADIO)

ビッグデータ政治は試行錯誤的(トランプのアメリカ)

統計の専門家ではないので、あまり正確な言い方はできない。ただビッグデータという時代になって、予想というものが決定的に変化したらしい。限られたデータのもとで、データ分析をするには、あらかじめの前提(予断)に基づいてモデルを立て、それによってデータを収集した。その意味では、分析におけるモデル構築の負荷が大きかった。しかし大量のデータが発生し、それを入手・蓄積・処理するコストが圧倒的に低下した現在、この当初のモデルの重みが減ったというのである。とにかく大量にデータを集めてから、どんどん仮説を入れ替えて、できる限り当初の予断に基づかないリアルタイムのデータに基づいた分析を行うという方法が支配的になりつつあるというのである。

 

f:id:trailblazing:20170225140137p:plain

 

選挙期間から大統領就任後の1か月のトランプ政権の動きを見ていると、なんとなく、このビッグデータ時代の匂いのようなものが感じられる。

 

左、右、保守、リベラルだとかという軸で、有権者の精緻な構造分析に時間を費やすより、ツイートや、テレビ露出のもたらす反応を大量に収集することによって、リアルタイムの有権者行動を予測するという方法が採用されている。

 

だからこそ、トランプの一見無作法に見える、ツイートも、公開の場での暴言も、昨日の保守大会でのスティーブ・バノンの革命宣言もすべて、貴重なデータを収集する機会として、確信犯的に利用されている。一種の「マネーボール」的政治革命が起こっているのかもしれない。

「大統領はそんなこと言うものではない」という説教は一顧だにされない。実際、その発言に、人々がどう反応しているのか、実際のデータによってその当否を判断すべきだというのが、トランプ陣営の考え方なのではないだろうか。駄目だったら、発言を変えればいいというタイプの原理なき試行錯誤主義。

 

スティーブ・バノンは昨日、行政国家の破壊などという物騒な発言をしている。

公開の場で、国家安全保障の中心人物の発言としては無作法、無分別の限りである。

保守強硬派だが、バノンなどの動きを受け入れてこなかったCPACの本陣に乗り込んで、軽く大砲を打ち込んだ。その場の反応はなかば形式的なスタンディングオベーションだったが、この発言に対するツイッターSNSで小止みなく生まれる反響が再び、彼らのデータベースをリッチなものにしていく。

 

digital.asahi.com

 

CPACは保守強硬派の団体だが、これまでは差別的発言をするバノン氏らの招待を見送ってきた。バノン氏は「ついにCPACに私を招いて頂き、ありがたい」と皮肉から入った。

 そんなバノン氏が最もトランプ政権の実績として強調したのが、環太平洋経済連携協定(TPP)からの撤退だった。「近代米国史上、最も重要な行動の一つは、TPPからの即時撤退だ。それは我々、市民の主権を取り戻すことだ」と主張。さらに「二国間の貿易交渉こそ、世界における米国の地位を取り戻し、公平な貿易国家として雇用を取り戻せる」と付け加えた。

 

 バノン氏が掲げた政権の優先課題は三つ。その一つがTPP撤退に代表される保護主義的な「経済ナショナリズム」だ。

 

 残りの優先課題は「国家安全保障と主権(回復)」と「行政国家の破壊」だ。前者は、バノン氏が主導したとされる中東・アフリカ7カ国からの一時入国禁止措置やメキシコ国境での壁建設など移民問題が念頭にある。バノン氏は共和党主流派やエスタブリッシュメント既得権層)を批判しており、後者は徹底した規制緩和に主眼がある。』

 

「政治的判断というものは、立場の違いを明確にすることに基づく」(ハンナ・アーレント)ものだとすれば、首尾一貫とした違いが明確にならないポピュリズム現象の実像をとらえるのは限りなく困難だ。SNS等で時々刻々と再帰的に形成される政治現象を、整合性のある政治学によって分析するのはそもそも不可能なのかもしれない。

 

長期的、分析的視点の外側で、心理学的人間行動だけが精緻にコントロールされていく時代なのかもしれない。しかし問題がある。トランプ型アプローチは、短期的な有権者行動、真理を分析するのには最強かもしれない。選挙の勝利は、政治の最終目的である万人の平安を保証しないからだ。選挙に強い政治家が、万人にとっての善をなすとは限らないという歴史的実例には事欠かない。

 

その意味では、学者たちも、自らの無力を嘆いている暇はない。

 

普通の市民も、ハンナ・アーレントぐらいは読まなければ、自分の身も守れないような時代が近づいている。

f:id:trailblazing:20170225140410p:plain


Amazon CAPTCHA