読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21世紀ラジオ (Radio@21)

何かと気になって仕方のないこと (@R21ADIO)

Redditの歴史 その6;ライバルDiggとの激突、そしてsubredditsの登場

 

 前回は、Paul Grahamのプレッシャーで、短期間にサイトオープンに追われるSteveとAlexisだったが、サイトオープン後は、本当のライバルとの激突が始まる。

 

Diggとの競争だ。

 

DiggシリコンバレーのインサイダーであるKevin Roseが設立にかかわったサイトだった。クールでスマートなKevin Roseと少々荒削りな二人の競争の中で、Redditの急激な成長の中心機能であるsubredditというアイディアが導入されることになる。

 

ちなみにKevin RoseのFoundationというインタビュー番組のポッドキャストは面白い。

 

Foundation — Episode 43 w/ Leo Laporte

 

 

 

Redditと同様、Diggはインターネットのトップページとなることを目指していた。

 

Redditとは違って、Diggはテクノロジー業界のちょっとした有名人だったKevin Roseによって設立されていて、2005年10月にかなりの額の資金調達を行っていた。

 

Kevin Rose - Wikipedia, the free encyclopedia

 

ローンチから数週間で、SteveとAlexisは本当の競合がDiggであることに気づいた。そしてこのライバルもまたRedditに気づいていたのだ。

 

 

Diggのオリジナルのウェブサイトを構築したカナダ人の開発者のOwen Bryne曰く、

 

Redditを初めて見たときに、コピーキャットだ、クローンだと思った。しかしすぐに、彼らが単なるクローンなどではないことがわかった。僕たちにとっての本当のライバルが現れたと思った。」

 

 

しかしRedditDiggの本当のライバルにふさわしい姿で登場するにはもう少し時間と新しい機能が必要だった。

 

2005年末に、創業者間の長い議論の果てに、今のインターネットではあたりまえになってしまった機能を初めて導入した。コンテンツにコメントを投稿するオプションである。

 

最初に投稿されたコメントは、なんと、Redditに対する批判だったのだが。

 

2008年の初めに、彼らはユーザーが自分自身のReddits(subreddits)(板)を作成できるようにした。

 

この動きによってRedditコミュニティは活性化し、本当の意味で、Diggとの差別化を果たしたのだ。

 

Alexisはもっと伝統的なTagシステムを好んだ。しかしSteveはこのsubredditという考え方を推し進めた。

 

その後、ユーザーたちはテクノロジー、本、無神論、Earthporn(地球の自然に関する美しい写真を集めた板)GIF、などの多くのsubredditを作り出していった。

 

ユーザーは、これによって、親密で、参加意識の高いフォーラムを作り出していったのだ。場合によっては、広告主にとっても魅力のあるものになった。

 

特定の関心を持つユーザーたちが集まるsubredditにリーチすることができる新しい機会が与えられたからだ。

 

Del.icio.usの創業者のJoshua Schacterも、同じようなIslandsという新しい機能を提案したが、2005年後半に同社を買収していたYahooの反対にあって実現しなかった。

 

Diggも事情は同じだった。Owenは同様の機能を主張し、パーソナルDiggという名前を考えたが、悪口的に「クールさの審判」(格好よさを気にしすぎる)と呼ばれる、創業者のKevin Roseが、それが引き起こす可能性のある混沌状態を恐れて、踏み切ることができなかった。

 

ある意味、Roseは正しかった。

 

Subredditはウェブサイトにカオス状態を引き起こしたのだ。

 

Redditのユーザーはその後、未成年者の写真や、女性の隠し撮りなどを載せるsubreddits

を作るようになった。こういったsubredditsがRedditを活性化する一方、手の付けられないほど板が荒れるのも事実だった。

 

Steveの考えはシンプルだった。ユーザーにすべて決めさせればいい。

 

「難しい部分はユーザーにさせる」というのがSteve流だったという。

 

 

「Subredditという機能によって我々のサイトとの決定的な違いが生まれた。」とDiggのOwenは言う。